外壁のシーリング工事

シーリング工事とは?

外壁の部材同士のつなぎ目や、サッシなどの建具とコンクリートのつなぎ目など、建物にはその構造上、必ず隙間が生じるもの。
そして、その隙間を埋める詰め物が“シーリング材”です。

シーリング材は弾力性に富み、防水性もバツグン。
建物の揺れを吸収したり、建物内部に侵入しようとする水をブロックする役目があります。

経年によって劣化したシーリング材を放置しておくと、雨漏りの原因になりかねません。
増し打ちや打ち替え工事を行い、元々備わっていた性能を取り戻す事が、建物の寿命を延ばすことになります。

シーリング工事の種類

◎ 新築工事
建物新築のシーリング材を打つ工事

◎ 打ち替え
既存のシーリングを全て撤去し、新しいシーリング材を打つ工事

◎ 打ち増し
既存のシーリング材の上にシーリング材を足して打つ工事

打ち増しは打ち替えに比べて施工がお手軽にでき、材料費も安く済みますが、あくまで応急処置的な工事となっています。
新しく打ったところで、その下には劣化したシーリングがある状態。
ですので当社では、打ち増しではなく、打ち替えをオススメします。

シーリングにこんな症状はありませんか?

□ ひび割れ、切れ
□ 痩せ
□ 硬化
□ 剥がれ

▲ 雨漏りを防ぐために10年に一度を目安に、シーリング打ち替え工事を行うことをオススメします。

詳しくはこちらをご覧ください≫

一覧ページに戻る