下地・外壁補修

外壁の異常は迅速に対処することが重要

外壁にひび割れ(クラック)やはがれはありませんか?
当社では、戸建てからファミリー向けマンション、施設・ビルなどの外壁補修も承っています。

ひび割れが進行すると、建物の内部に水が入り込み、構造材を腐らせたり、雨漏り発生の原因となるおそれが。特に3ミリ以上のヒビ割れの場合は早急な補修が必要です!

また、塗装がはがれたり、めくれたりしている状態は、外壁がむき出しになっている危険な状態。すぐに補修する必要があります! そのまま放置していると、外壁に水分が染み込んでしまい、こちら雨漏りの原因となってしまいます。

いずれの症状の場合でも早めの対応をすることで、症状が悪化してから動くよりも費用を安く済ませることができます。
外壁材の種類によって補修方法も変わりますので、まずは当社までお問い合わせください。
小規模から大規模まで、さまざまな建物に対応いたします。

雨漏りが引き起こす建物の劣化

建物の内部に雨水などが浸入すると外壁内部の劣化が進行してしまいます。
その内部の劣化を放置していると建物自体が腐食し、コンクリートに含まれるセメント成分が中性化して、本来あるはずの強度を弱めてしまいます。

また、木造建築の場合、雨漏りが進行して湿度が高くなると、シロアリが繁殖する条件が整ってしまいます。
最悪の場合、建物全体の建て替えなどが必要となる大規模な工事につながってしまうおそれも。
建物の健康のためにも適切なタイミングで塗り替え工事を行ないましょう。

一覧ページに戻る